周産期部門の概要

当院周産期部門は、平成14年4月1日に沖縄県初の総合周産期母子医療センターとして認可されました。

総合周産期母子医療センターとは、出産前後の母体および胎児並びに新生児を一貫した管理を行うため、都道府県知事が適当であると認めた施設で、全国に現在89施設(平成23年4月1日現在)、沖縄には当施設を含め2施設あります。

当センターはMFICU(母体胎児集中治療室)6床、一般産科病床29床、NICU(新生児集中治療室)30床、一般新生児病床18床より成り立ち、母体ならび新生児の救急搬送に備えた体制を整えています。

夜間、休日でも少なくとも二人以上の産科医、一人以上の新生児担当医が勤務し、主に沖縄県中北部地区を中心にリスクの高い妊婦、産褥婦、新生児の診療にあたっています。

周産期部門のスタッフ


橋口 幹夫


金城 国仁


大畑 尚子


間瀬 徳光


濱川 伯楽


諸井 明仁


直海 玲


大橋 容子


救命救急センターを設置

また、当院は24時間、一次・二次・三次救急を扱っている救命救急センターを有しており、合併症妊婦などの重症例も受け入れられる体制が整っています。分娩室のすぐ隣にNICUが設置されており、また周産期病棟の隣に手術室があるため、母体・胎児・新生児の緊急時においても速やかに対応できるようになっています。 2012年以降、年間の総分娩数は1100件を超え、そのほとんどが他施設から紹介のハイリスク妊娠の患者様です。そのため早産も多く、2500g以下の低出生体重児の出産が30%に上ります。帝王切開による分娩も40%で年間450件ほどになります。このようなリスクの高い患者様に高いレベルの医療を提供するため、周産期センターの指導医、研修医、看護スタッフが同じ目標を共有してチーム医療を実践することを心がけています。また必要に応じて、内科や外科など関連する他科の医師の協力を得ています。

重症例が多い病院ですが、妊婦さんには安心して妊娠・出産ができるように両親学級にも力を入れ、早産の可能性が高い人には新生児専門医、新生児集中ケア認定看護師による出生前訪問を行っています。さらに分娩後も安心した育児が行えるよう助産師を中心に母子同室・保健指導・母乳育児外来などの活動も行っています。

診療実績

産婦人科業績

 

研修医・医師募集

 

 

新着情報