» 研修プログラムの概要

» 研修生の一日/先輩研修医の声


研修理念

女性特有の疾患や、合併症妊娠に対する診断/治療能力を身につけるため、ER併設の総合病院での初期/後期研修を主体とします。 また離島を多く抱える沖縄県特有の地域特性に見合った総合力を持った産婦人科医を要請すること、産婦人科以外の領域の専攻医が産婦人科領域の基本診療能力を習得することの支援を研修の本幹と位置づけています。

初期研修では、女性の診療の基本的知識、技能、態度を身につけることを目標としています。

後期研修では、産婦人科診療能力の向上だけではなく、当院が地域医療において果たすべき役割を自覚し、指導医とともに地域に貢献出来るような高度で質の高い医療を提供し続ける工夫ができるようになることも求められます。

当院での研修の特徴

全科に共通する当院の研修の特徴として、1次から3次までのすべての救急患者に対応する救急センターを擁し、救急疾患を経験できる機会が多いこと、単独主治医制ではなくグループ診療を行っており、常にpeer reviewが行われていること、指導医や臨床研修事業を委託しているハワイ大学からのコンサルタントによる教育回診やカンファレンス、レクチャーが数多く実施されていること等が挙げられます。

産婦人科では、ER併設型総合周産期母子医療センターでの研修を通して、数多くの救急疾患、合併症妊娠症例を経験することができます。また、多彩な専門性をもつ指導医のもとで、臨床遺伝医学、婦人科悪性腫瘍手術、緩和ケア、社会的問題への対応等について学ぶことができます。 すべての症例に対して、指導医のサポートのもと術者や担当医として主体的に関わることができることが大きな特徴です。

初期研修中より基本的な手術の執刀を開始し、後期研修では500例以上の手術を執刀することができます。 後期研修では、外来及び病棟での産婦人科診療のみならず、NICUや麻酔科へのローテーション、沖縄県立宮古病院へのローテーションを通して離島周産期診療、女性のプライマリケアを学ぶプログラム、琉球大学医学部附属病院産婦人科や臨床研修提携施設での婦人科腫瘍研修、内分泌不妊治療研修などのプログラムが準備されています。

地域医療への貢献の一環として、症例検討会や、ALSO(Advanced Life Support in Obstetrics)開催にも取り組んでおり、研修医も症例報告者やアシスタントとして関わっています。

研修内容

研修医は、指導医のサポートのもとほとんどの手術に術者として関わります。 産婦人科外来だけでなく、ERから多くの症例を学びます。 同時に指導医のもと、学会発表や論文報告などの学術活動も行います。

PGY1は、2ヶ月の産婦人科ローテーション中に、産婦人科の病歴聴取、内診や胎児モニタリング、分娩管理などの基礎を学びます。ローテーション終了時には、正常分娩の介助、会陰裂傷縫合ができるようにすることが目標です。

PGY2は、帝王切開、子宮内膜掻爬などの基本的な手術を学び、術者として執刀できるようになること、分娩の進行を評価し、自ら管理の計画を建てられるようになること、分娩前後、手術前後の評価を行い適切な指示ができるようになることが目標になります。また同時にPGY1の指導が求められます。

PGY3は、ハイリスク産科症例の管理ができること、単純子宮全摘術、子宮附属器腫瘍に対する手術などを術者として執刀出来るようになることが求められます。また婦人科悪性腫瘍の手術、化学療法、放射線療法を計画実施すること、外来診療の基本を身につけることが求められます。

PGY4は、MFICU(母体/胎児集中治療室)の重症産科症例の診療の中心となること、腟式手術や腹腔鏡下手術などやや複雑な手術の術者となること、カンファレンスの進行や他科との協同診療のコーディネートも求められる役割となります。

PGY5は、産科、婦人科それぞれの診療グループのなかで中心的な役割を担い、病棟スタッフとの調整や、後輩研修医の指導を行いながら診療を進めることが求められるようになります。


分娩件数・執刀術件数(年度別)

研修医の分娩件数

平成26年度 平成27年度
経腟 593 632
帝切 435 424

所属医師の分娩件数

平成27年度
研修医A(PGY4) 経腟 71
帝切 81
研修医B(PGY3) 経腟 130
帝切 99
研修医C(PGY3) 経腟 125
帝切 85
研修医D(PGY2) 経腟 46
帝切 31

※名前の後ろ数字は、年次生を示しております


執刀術件数(平成27年度)

総手術数 帝王切開 腹式子宮
摘出術
付属器
手術
子宮内膜
掻爬術
頚管
縫縮術
円錐
切除術
腹腔鏡下
手術
腟式子宮
全摘術
研修医A
(PGY4)
145 81 22 6 31 12 12 29 41
研修医B
(PGY3)
114 99 16 6 32 17 2 9 37
研修医C
(PGY3)
106 85 30 4 15 14 0 7 34

診療実績

産婦人科業績

 

研修医・医師募集

 

 

新着情報